• ホーム
  • 避妊薬の低用量ピルには生理を調整できるメリットがある

避妊薬の低用量ピルには生理を調整できるメリットがある

悩んでいる女性

女性が服用する経口避妊薬である低用量ピルは、飲み忘れさえなければ、高い確率で妊娠を回避させてくれるので、今は子供を持ちたくないと考えているのであれば、ぜひお勧めできる医薬品です。
またこのピルにはその他にもいろいろなメリットがあり、毎月の生理を調整できるという、女性に取っては願ってもない特徴があります。
ピルを服用するようになると、それまで生理不順であった女性でも、まるでカレンダーのように生理周期がぴたっと安定するので、日常生活の予定の調整が行いやすくなり、特に大切な行事のある時なども万全の体調で迎えることが出来ます。
生理日を自分で調整できると、女性の生活の質は格段に向上し、生理のために台無しにしてしまうといった事態を避けられるようになります。

そして最大のメリットは、生理自体が快適に過ごせるように体調が変わるという点で、ピルを服用するようになってから迎える生理では、経血量が驚くほど減少し、辛い生理痛もほとんど感じられなくなったり、においやムレなどの不快な症状も緩和されるので、生理期間でもいつもと変わらずに過ごせるようになるといわれています。
そして、生理前に精神的な不調を訴える女性も多いですが、この月経前症候群も緩和されるので、毎月憂鬱で仕方がなかった期間がなくなるので、毎日が楽しくて仕方がないという声も聞かれています。

このように避妊薬ピルには様々なメリットがあり、今では避妊目的というよりも、このような重い生理を軽くする治療として、医師から勧められている女性も少なくありません。
また、最近女性の肌悩みに多い大人ニキビや、閉経前後の更年期症状の緩和にも高い改善効果があるので、女性に取ってはとても頼りになるお薬でもあるのです。

関連記事
避妊を開始する時にパートナーや医師と相談するべき項目 2020年05月25日

初めて避妊を開始する時に、しっかりと医師と相談することで避妊方法についての説明を聞き、自分に合った方法を選ぶことができます。女性が医療サイドから提供される方法は、経口避妊薬(ピル)・子宮内避妊用具(IUD)・避妊手術です。医師と相談するときにポイントとなることは次のようなものがあげられます。1)経産...

経口避妊薬トリキュラーは生理を楽にする効能があります 2020年04月22日

我が国においても、経口避妊薬を利用する女性が増えており、より確実に望まない妊娠を回避させようと、事前対策を取る良識ある大人の女性が増加しています。それは我が国においても、ようやく低用量ピルが解禁となったことが関係しており、一昔よりも副作用のリスクが抑えられ、安全にピルが服用できるようになったという情...

経口避妊薬は原発無月経や大人ニキビに使うこともある 2020年03月22日

一般的に普及しているコンドームなどの避妊具に比べて、かなりの高い確率で望まない妊娠を回避させることが出来るといわれているピルは、女性が男性に頼らずとも、自分だけの意思で確実な避妊対策が取れる医薬品で、低用量ピルであれば副作用のリスクもより少なく、安心して服用することが出来ます。女性に取って、予期せぬ...

成熟した男女関係には確実な避妊が不可欠 2020年02月18日

成熟した男女関係というとやはり結婚を前提とした付き合いではないでしょうか。成熟しきっていない関係であれば相手の事を大切に出来ない状態で性行為を行ってしまい、避妊などを適切に行えないケースもあります。勿論、性行為はカップルの仲を次のステージ、成熟した関係性を導くためには必要不可欠な物です。だからこそ、...

女性用コンドームがあるらしい?一体どんなもの? 2019年12月29日

避妊の方法の一つに女性用コンドームがあります。女性用コンドームは、膣内に装着することで、精子の侵入を防ぐタイプのバリアー型女性用避妊具です。男性用コンドームとほぼ同程度の避妊効果が得られるとされています。材質は、男性用コンドームよりも3倍丈夫な材質であるポリエーテルやポリウレタンで作られています。使...