• ホーム
  • 女性用コンドームがあるらしい?一体どんなもの?

女性用コンドームがあるらしい?一体どんなもの?

多色な薬

避妊の方法の一つに女性用コンドームがあります。
女性用コンドームは、膣内に装着することで、精子の侵入を防ぐタイプのバリアー型女性用避妊具です。
男性用コンドームとほぼ同程度の避妊効果が得られるとされています。
材質は、男性用コンドームよりも3倍丈夫な材質であるポリエーテルやポリウレタンで作られています。

使用方法としては、しゃがむ、膝を開いて座る、片足を椅子の上にのせるなどの姿勢で挿入することになります。
性行為の前であれば、いつでも挿入することができます。
装着が容易になるように外側も内側も潤滑剤で覆われています。

使用上の注意としては、男性用コンドームとは併用できないことです。
併用することで、擦れ合って破けたり、正しい位置からずれてしまいます。
ローションの種類によっては、稀に破損したり溶けることがあります。
また、膣内や外陰部にかゆみやかぶれ、びらん、膣出血などの異常がある人やパートナーの陰茎に炎症などが起こしている場合には、使用できないとされています。
爪や歯、硬いものに強く触れることで敗れてしまうことがあります。
キズがついてしまっても使用中に破れの原因となるため、傷や破れができないように取り扱いには充分に注意します。

性交後は、精液がこぼれないように速やかに引き出す必要があります。
1回の性交につきひとつの使用になります。
女性用コンドームは、女性主体で避妊対策をしたい人や性病、感染症をしっかりと防止したい人に向いています。
望まない妊娠や性行為前に男性に疑問や不安を抱くことを避けるためにも、男性に頼らずに自分の身体をケアします。
価格や体質などを考慮した上で、自分やパートナーにあった避妊方法を選ぶようにします。

関連記事
避妊薬の低用量ピルには生理を調整できるメリットがある 2020年01月15日

女性が服用する経口避妊薬である低用量ピルは、飲み忘れさえなければ、高い確率で妊娠を回避させてくれるので、今は子供を持ちたくないと考えているのであれば、ぜひお勧めできる医薬品です。またこのピルにはその他にもいろいろなメリットがあり、毎月の生理を調整できるという、女性に取っては願ってもない特徴があります...

体にやさしい避妊法とは 2019年12月12日

望まない妊娠を避けるために、避妊は必要不可欠です。同じ「一夜」を過ごしたとしても、男性と女性では、その後の体の変化、立たされている立場が違います。語弊があるかもしれませんが、「妊娠」の可能性が残り得るという点で、女性への身体的・精神的不安は、男性より重いものがあると思われます。また、避妊は、性病の感...