体にやさしい避妊法とは

カプセルが乗っているスプーン

望まない妊娠を避けるために、避妊は必要不可欠です。
同じ「一夜」を過ごしたとしても、男性と女性では、その後の体の変化、立たされている立場が違います。
語弊があるかもしれませんが、「妊娠」の可能性が残り得るという点で、女性への身体的・精神的不安は、男性より重いものがあると思われます。

また、避妊は、性病の感染を防ぐという観点から見ても、真剣に考えなければなりません。
自分の体を守るために、出来得る限りのことを準備・実行しなければいけないのです。
しかし、女性の方から避妊を申し出るというのは、抵抗が残る、という方もいらっしゃると思います。
一方的に相手任せで、不本意なセックスをしている方も、意外に多いのではないでしょうか。

不特定多数ではなく、恋人や決まった相手としかセックスをしないのだから、と半ば無理やり自分を納得させて、済ませているということはありませんか。
昨今、避妊具はコンドームを始め、数多の種類がありますが、本当の「体にやさしい避妊法」とは、「コミュニケーション」なのではないかと思うのです。
パートナーと、心をさらけ出しあい、本当の自分、本当の自分の希望を正直に話し合える環境を作り、お互いに思いやりの心を持って、相手に接することが出来る関係をまず築き上げることが一番です。
そうすることで、パートナーに無用に恥ずかしがること無く、避妊を申し出ることが出来、安全なセックスにたどり着くことが出来ると思うのです。
たとえ時間がかかっても、話し合い、信頼関係をうまく結ぶことが出来たなら、まるでその日の予定を相談し合って決めるように、当たり前のことのひとつといった雰囲気で、幸せなセックスライフを送ることが出来るのではないでしょうか。

関連記事
避妊薬の低用量ピルには生理を調整できるメリットがある 2020年01月15日

女性が服用する経口避妊薬である低用量ピルは、飲み忘れさえなければ、高い確率で妊娠を回避させてくれるので、今は子供を持ちたくないと考えているのであれば、ぜひお勧めできる医薬品です。またこのピルにはその他にもいろいろなメリットがあり、毎月の生理を調整できるという、女性に取っては願ってもない特徴があります...

女性用コンドームがあるらしい?一体どんなもの? 2019年12月29日

避妊の方法の一つに女性用コンドームがあります。女性用コンドームは、膣内に装着することで、精子の侵入を防ぐタイプのバリアー型女性用避妊具です。男性用コンドームとほぼ同程度の避妊効果が得られるとされています。材質は、男性用コンドームよりも3倍丈夫な材質であるポリエーテルやポリウレタンで作られています。使...