心配している女性
考える女性と薬
考えている女性とカプセル
葉の上にあるカプセルと粉

避妊を確実に行うためには、いくつか方法があります。
まずは、誰もが知っているコンドームを着用するということです。
コンドームの避妊率は100%ではないものの、かなりの率で妊娠を防ぐことができます。
コンドームの内側のジェルには、精子の運動を弱める成分も入っているため、コンドームの着用は絶対条件です。
ただ、間違った使用方法をすると、避妊に失敗することもありますので、必ず挿入前に装着するようにしてください。
避妊の確率を限りなく100%に近づけるためには、あと2つ方法があります。

一つは、コンドームを着用して性交渉をするのが前提ですが、男性が射精する際、膣内ではなく、膣外に射精するということです。
コンドームを着けたうえで膣外に射精すれば、妊娠の可能性はかなり低くなります。
また、性交渉中には、何度かコンドームが破れていないかチェックすることも必要です。
時々、アクシデントでコンドームが外れていたり、破けていることがありますので、タイミングを見て確認しましょう。

もう一つは、ピルを使用する方法です。
生理痛が酷い方は、すでにピルの処方を受けて服用しているかもしれませんが、ピルを飲んでおけば、さらに避妊効果がUPします。
ただし、ここで注意しておきたいことは、医師の指示通りに服用するということです。
例えば、2日に1回飲むピルの場合は、飲み忘れてしまうこともあるかもしれません。
カレンダーや手帳などに、飲んだことが分かるように記録しておくことをお勧めします。
指示通りに服用しなければ、避妊効果が下がる恐れがありますので、決められた日時に服用するようにしてください。

それから、ピルを服用したからといってコンドームの装着をしないということのないようにしましょう。
確実な避妊を行うには、複数の避妊方法を組み合わせた方が良いからです。

記事一覧
避妊を開始する時にパートナーや医師と相談するべき項目 2020年05月25日

初めて避妊を開始する時に、しっかりと医師と相談することで避妊方法についての説明を聞き、自分に合った方法を選ぶことができます。女性が医療サイドから提供される方法は、経口避妊薬(ピル)・子宮内避妊用具(IUD)・避妊手術です。医師と相談するときにポイントとなることは次のようなものがあげられます。1)経産...

経口避妊薬トリキュラーは生理を楽にする効能があります 2020年04月22日

我が国においても、経口避妊薬を利用する女性が増えており、より確実に望まない妊娠を回避させようと、事前対策を取る良識ある大人の女性が増加しています。それは我が国においても、ようやく低用量ピルが解禁となったことが関係しており、一昔よりも副作用のリスクが抑えられ、安全にピルが服用できるようになったという情...

経口避妊薬は原発無月経や大人ニキビに使うこともある 2020年03月22日

一般的に普及しているコンドームなどの避妊具に比べて、かなりの高い確率で望まない妊娠を回避させることが出来るといわれているピルは、女性が男性に頼らずとも、自分だけの意思で確実な避妊対策が取れる医薬品で、低用量ピルであれば副作用のリスクもより少なく、安心して服用することが出来ます。女性に取って、予期せぬ...

成熟した男女関係には確実な避妊が不可欠 2020年02月18日

成熟した男女関係というとやはり結婚を前提とした付き合いではないでしょうか。成熟しきっていない関係であれば相手の事を大切に出来ない状態で性行為を行ってしまい、避妊などを適切に行えないケースもあります。勿論、性行為はカップルの仲を次のステージ、成熟した関係性を導くためには必要不可欠な物です。だからこそ、...

避妊薬の低用量ピルには生理を調整できるメリットがある 2020年01月15日

女性が服用する経口避妊薬である低用量ピルは、飲み忘れさえなければ、高い確率で妊娠を回避させてくれるので、今は子供を持ちたくないと考えているのであれば、ぜひお勧めできる医薬品です。またこのピルにはその他にもいろいろなメリットがあり、毎月の生理を調整できるという、女性に取っては願ってもない特徴があります...

女性用コンドームがあるらしい?一体どんなもの? 2019年12月29日

避妊の方法の一つに女性用コンドームがあります。女性用コンドームは、膣内に装着することで、精子の侵入を防ぐタイプのバリアー型女性用避妊具です。男性用コンドームとほぼ同程度の避妊効果が得られるとされています。材質は、男性用コンドームよりも3倍丈夫な材質であるポリエーテルやポリウレタンで作られています。使...

体にやさしい避妊法とは 2019年12月12日

望まない妊娠を避けるために、避妊は必要不可欠です。同じ「一夜」を過ごしたとしても、男性と女性では、その後の体の変化、立たされている立場が違います。語弊があるかもしれませんが、「妊娠」の可能性が残り得るという点で、女性への身体的・精神的不安は、男性より重いものがあると思われます。また、避妊は、性病の感...